サイトメニュー

社会人のうつと年金

医者

ビジネスマンはストレスだらけ

1日の半分は仕事に費やすという方も多い現代では、働き世代と言われる20代から30代、または40代の男女がうつ病に苦しんでいることが分かっています。特に、過度な残業や低賃金が原因でうつ病になる人も多く、労働環境の改善が強く求められます。仕事や職場の人間関係が原因でうつ病になった場合、どのような対策や治療が必要になってくるのか考えてみましょう。

労働環境が原因でうつ病になった場合

まずは、労働時間の短縮または部署の移動を考えてみてはいかがでしょう。労働時間の多くは雇用契約に基づき定められているため、今一度確認し不備がある場合は直属の上司や労務部署に掛け合い調整を行いましょう。また、残業に関しては超過分の支払いをもとめ、月の残業時間を改めるよう掛け合って下さい。それらの希望が通らない場合は仕事量が軽い部署への移動を考えてみましょう。部署を移動することで、心身共に一層しストレスから開放されるケースもあります。しかし、事業部が1つしか存在しない場合、この希望を叶えることが難しくなるので一定期間の休養を希望することをおすすめします。労働時間が長く、日々残業に追われる方は有給申請を行わず、数十日未消化の場合が考えられます。これらをまとめて申請し、職場から物理的に距離をおき心身を休めることもうつ病の症状を軽減する効果があります。

自分の希望が通らない場合

職場の人間関係がストレスでうつ病になった場合、先に紹介したような対策を講じるにも勇気がいるでしょう。そのような場合はまず、医師に相談し診断書を作成してもらい【うつ病認定】を用いて会社側に何らかの改善を求めましょう。仮に、改善されない場合は休職願いの申請を行ってみましょう。うつ病患者にとって一番危険なのは無理をすること、焦ることにあります。療養に専念するためには一度会社から離れ、失業保険年金を受給するという対策も考えてみましょう。

うつ病と年金

うつ病になった場合、障害年金の申請で一定額の治療費が支給されます。年金受給には条件がありますが、まずは住まいの市町村役場で確認してみましょう。苦しくてもお金がないから休めない、仕事を辞めたら生活ができない、このように悩んでいる方をサポートするために障害年金が存在しています。まずは、相談だけでも行い心身の負担を軽減していきましょう!

Copyright© 2019 うつ病は家族のサポートが重要!【手続きで年金受給も可能】 All Rights Reserved.