サイトメニュー

うつは年金受給で克服する

看護師

喪失体験とうつの関係

人間は誰しも強い喪失感を感じストレスを受けた場合、うつ病を発症してしまうことがあります。これを喪失体験といい、深刻なうつ病の原因だと考えられています。人が喪失感を感じる体験は様々なのですが、外的と内的な部分の対象に違いがあります。喪失感を感じてしまうと、脳にストレスがかかりセロトニンやノルアドレナリンの分泌が低下し、思考や感情に影響を及ぼしうつ病となってしまうのです。

外的対象喪失と内的対象喪失

喪失体験は大きく分類し2つのケースがあります。まず、外的対象喪失の場合は患者と家族、患者と社会的なつながりが絶たれる場合に起こりやすいです。家族との死別を体験したり、離別、または会社の退職や倒産など本人の生活や考え方、パーソナリティにおよぶほどの強いショックを感じうつ病となってしまいます。これまで築き上げた体験を失ったことが喪失感を強め、本人の自信や心の拠り所を絶ってしまいます。内的対象喪失の場合は、自身の能力と現実とのギャップに落ち込んだ時や、信頼していた人物からの裏切りにあった際強いストレスから喪失感を味わってしまいます。高い理想を掲げ挫折する若者や、恋愛関係から自信を失った女性などはこの内的対象喪失に分類されます。

うつ病の原因と向き合う

うつ病は今や15人に1人の割合で発症する病気。他人ごとではない数値の発症率になっていますが、うつ病は早期発見早期治療で克服することは可能です。そのためには正しい知識と行政からの手厚いサポート、年金の受給がかかせません。特に、障害年金の受給は生活や治療で疲弊しないための大事なポイントです。年金受給で金銭面の心配が軽減し安心して社会復帰する道のりが見いだせます。年金が受給できるかどうか知りたい場合は、まず住まいの市町村役場で確認を行い、必要な手続きを行いましょう。

Copyright© 2019 うつ病は家族のサポートが重要!【手続きで年金受給も可能】 All Rights Reserved.