サイトメニュー

うつの理解と年金受給

病院

心が弱いからうつ病になるは間違い

意外にも、うつ病患者本人が【自分がうつ病】ということを認識せず、また理解を受け入れず治療が困難になるケースもあります。そもそも、なぜ患者がうつ病を受け入れないのかというと、【うつ病は心が弱い人がなる病気】という誤った認識が前提となっているからです。これらの前提がある人々の多くは、しつけや家庭環境の影響から親や家族に先入観を植え付けられているケースもあります。しかし、うつ病というものはストレスと絡んだ様々な要因から起こる病気であり、患者本人の落ち度は何一つとしてありません。

家族の理解

家族内でうつ病を発症した人物がいる場合、会社や学校など社会から距離を置き治療に専念させる必要があります。家族として出来ること、それは休息できる環境作りと病院への通院サポート、うつへの理解にあります。間違った知識をもってうつ病患者に対応すると、症状の悪化や混乱を招くおそれもあるので、治療初期はできるだけ病院に付き添い、うつに対する認識にずれが起こらないようにしましょう。医師との面談や薬の説明も一緒に受けることで、いざというときにサポートできます。うつの影響で人とのコミュニケーションや書面の手続きが困難な場合も予想されるので、仲介役としてサポートしてあげることも大事です。

年金受給の手続き

特に助けを必要とするのが、障害年金の手続きや申請だと考えられます。年金の申請には多くの書類や関係者への認定が必要になります。送迎や手続きの代理など、本人が困難に感じていることをサポートしてあげることが大事です。障害年金は申請後、受理まで時間がかかることも予想されるので、どのように生活していくか医師や専門機関に掛け合い調整役を行ってあげましょう。

Copyright© 2019 うつ病は家族のサポートが重要!【手続きで年金受給も可能】 All Rights Reserved.